大发体育官网_澳门游戏网站

2021/12/09

現実になったレーサーの夢、攻めの姿勢が世界に繋がる

夢はフォーミュラピラミッド頂点!!

外国語学部 国際英語学科3年 外狩将さん

レース好きが高じて、プロのレーシングドライバーを目指すようになった外狩さん。筑波サーキットに通って練習を重ねながら、大学では国際英語やスポーツ科学について学んでいます。外狩さんにレーシングドライバーを目指すことになった経緯や現在の活動内容、今後の目標について話を聞きました。

  • facebook
  • twitter

Qレーシングドライバーを目指すようになったのはなぜですか?

A

父親の影響で幼い頃からモータースポーツが好きでした。テレビだとあまり伝わらないかもしれませんが、サーキットで実際にレース観戦をすると、スピード感、高いエンジン音、タイヤの焼ける匂いなどがダイレクトに伝わってきて、すごい迫力なんです。高校まではレースを観ることが一番で、レーサーになりたいとは思っていませんでしたが、大学に入って少し時間ができたときに、たまたま見ていたSNSでレーシングチームのオーディションの告知を目にして、直感的に受けてみたいと思いました。

オーディションには実技と面接があって、これまでまったくフォーミュラカーの運転経験がなかった僕が正直合格するとは思ってもいませんでした。実技オーディションが始まっても最初は走り出すことすらままならず??。しかし走りの攻めの姿勢を評価していただき、チームのドライバーテストに合格し、正式にフォーミュラカーデビューすることになりました。やっとレーサーとしてのスタートラインに立つことが出来ます。